新生堂の現金化サービスは最低換金率方式

新生堂の現金化サービスは最低換金率方式の業者

 

クレジットカード現金化業者を利用した事のある方は多いのではないでしょうか?
こちらの現金化業者である新生堂は、皆さんが今まで利用したことのないようなサービスとなっています。

 

では、この新生堂のサービスはどのようなサービスなのでしょうか?

 

まずは会社概要から確認していって見ましょう。

 

新生堂の会社概要

会社名 新生堂
代表者 佐々木 浩司
換金率 最低87%
入金時間 最短5分
営業時間 9:00~20:00(年中無休)

メール24時間受付

住所

 

新生堂は最低換金率

 

会社概要を確認していただければわかりますが、新生堂の換金率は最低換金率であるという事がわかります。

 

基本的には現金化業者の換金率は最高にの換金率となっている事が多いのです。
その最高換金率を売りにしている現金化のサービス業者と最低換金率を売りにしている新生堂

 

業者にもよりますが、はたしてどちらの方が換金率が高いのでしょうか?

 

最高換金率は下がってしまう

 

例えば、最高換金率で押している現金化業者は最高で98.8%と言っている事が多い傾向にあります。

 

しかし、実際の所そこまで換金率が高い事はありません。
何故ならばこの換金率は下がってしまうからです。

 

現金化業者の換金率は基本的に現金化業界の平均換金率で現金化をされる傾向が強く出ています。

 

何故現金化業者の換金率は基本的に最高換金率から下がってしまうのでしょうか?

 

それは消費税や手数料の問題が影響しているからなのです。

 

消費税手数料の問題

 

この消費税と手数料の問題は業者と利用者との間でよくトラブルになる事が多いのです。
当然と言えば当然ですよね?

 

急に「消費税と手数料引きまーす」と言われれば、『ちょっと待ちなさいよ!』とストップをかけるのが当たり前です。

 

しかしこの手数料と消費税はどの現金化業者でも掛かる物で必要不可欠な物となっているのです。
その為、どの現金化業者でも必ず掛かる費用よ考えた方がいいでしょう。

 

最低換金率の方が安心できる理由

 

以上の点を踏まえて、換金率は最高表記の方がいいのか?
それとも最低表記の方がいいのか?

 

という所ですが、最低表記の換金率の方が安心して現金化を行う事が可能と言えます。
先程もお伝えしたように最高換金率は換金率が下がりますが、消費税や手数料以外にも利用金額の問題で換金率が下がってしまう事があります。

 

利用額が大きければ大きいほど換金率は上がりますし、利用額が小さければ小さいほど換金率は下がってしまいます。

 

そして適用された換金率から手数料と消費税が引かれるので、更に低くなってしまうようになるのです。

 

その点でいうと新生堂の最低換金率87%は充分優良の物だという事がわかるでしょう。

 

新生堂の換金率は何%なのか?

新生堂の換金率は何%なのか?

 

調査を行った結果、新生堂の換金率は現金化業界の平均換金率は75%以上、80%前後という事がわかりました。
これは現金化業界では充分優良の現金化業者です。

 

換金率は90%前後、ここから手数料や消費税を引いて80%前後という内訳でしょう。
現金化利用者からすれば充分な内容です。

 

このようなサービスを家に居ながら受ける事が出来るという事ですから、もう利用しない手はありませんよね?

 

安定した換金率をお求めの方はこちらの業者をご利用ください。

 

新生堂