クレジットカードが利用停止になる仕組みと詳細

クレジットカードが利用停止になる仕組みと詳細

 

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って購入した品物を買取ができる店舗に持ち込んでお金を得ることです。

 

主にキャッシング枠が付いていないカードを保有している人や枠を使い切ってしまった人が、現金を借りる代用として利用することが多い資金調達方法として知られています。

 

総量規制の対象となるため、専業主婦や主夫や年金生活をしている人や無職の人の場合は、安定的な収入がないと見なされてキャッシング枠が付けられないことが多いです。
パートやアルバイトの方は枠が付けられても、年収の3分の1を限度とすることから十分な金額でないと感じる方もいます。

 

このような方にクレジットカード現金化が利用されているのです。

 

クレジットカード現金化で購入する商品

 

どのような品物を購入するかというと換金性の高い物が多く、代表的な品物は家電やブランド品もしくはカード決済で購入可能なギフト券や新幹線の切符等の金券類が挙げられます。

 

これらの品物を購入して、質屋やリサイクルショップや金券ショップに持ち込みをし中古品として買取してもらう人もいます。
ただし、買取手続きをしたとしても中古品として査定されていますので、購入した価格よりもだいぶ安くなることが予想されます。

 

質屋・リサイクルショップ・金券ショップなどの中古品を取り扱う店自体は、都道府県の公安委員会から古物商の許可を取得している所が多く、売買自体は違法なことではありません。

 

このようなクレジットカード現金化をする方法で問題となるのは、あくまでもショッピング枠を現金の入手に使うことです。

 

クレジットカードの利用停止原理

 

クレジットカード現金化で危険なものは、クレジットカードの利用停止です。

 

例を上げるなら店舗型の現金化業者なのですが、買う物を指定され通りの品物を購入してお金と引き換えになります。

 

換金性の高い物以外に業者が売買したい物を指定されることもあり、市価ではあまり高くない品物を高額な値段で買わされて渡される現金が少ない場合もあるので、注意が必要です。

 

あまり何度も続けていると、一括での支払いができなくなり、分割やリボ払いの枠を圧迫していきます。
手数料がかさみ利用残高がかさんでいくので、ますます返済が大変になると予想されるでしょう。

 

このようなカード決済を繰り返していると、発行会社から利用停止処分を下されることがあります。

 

カード利用停止の主な仕組み

 

担当部署が利用者の使い方を24時間体制でモニタリングしているため、高額で換金性の高い商品を短い期間に何度も購入している人はマークされてしまいます。

 

また、それまで利用していなかった店舗で、何度も高額商品を購入すると不正利用を疑うこともあります。

 

利用停止をした場合に、店舗や利用者本人に即座に連絡が入ることもあります。
連絡があった後にすぐに発行会社が納得できる理由を説明すればその場では再度使える場合があるでしょう。

 

しかし、何度も取引をすると利用停止だけでなく強制解約処分を受けることもあります。

 

強制解約となると、余程のことがない限り再度の申し込みが難しくなることがほとんどです。

 

1枚しかクレジットカードを持っていない場合は死活問題にもなりかねませんよね。
実は、クレジットカード現金化は発行会社に認められていない利用の仕方です。

 

発行会社が審査をして入会を認めた方に貸与する物で、主な目的は会員が加盟店で買い物をした場合の立て替え払いをするための会員証となります。

 

安定的な収入がある人がキャッシング枠を付けられますが、あくまでも付属的な機能の位置づけになります。
ショッピングをしているのだから、現金化目的で購入してもいいのではないか?と考える方もいるでしょう。

 

クレジットカード現金化は、商品を転売目的で購入することになります。

 

本来の自分のために使う品物を立て替えて払う目的とはことなり、事業のために仕入をしたという考え方もできるのです。
個人用の場合は、事業用目的に利用してはいけません。

 

利用停止にならない為の方法は?

利用停止にならない為の方法は?

 

現金化業者は違法な買取店が多く、後で多額の手数料や利用残高に苦しめられるのは利用者です。
会員の保護目的で利用停止にしているという見方もできますね。

 

ただ、現金化をする意図もなく結婚や引っ越し、就職等の目的で新生活を始めるタイミングに合わせて家電や家具を揃える方も多いです。

 

また、出張で切符を購入したり、内祝いでギフト券を手配したりする方もいる為、その都度手続きをした途端にいちいち利用停止処分をされたらたまりません。

 

その為、購入しても利用停止にならない方法は存在しているのです。

 

例えば、切符やギフト券に関しては、何度も多額の購入をしないのであれば、モニタリングをしても怪しまれることはほぼありません。
国際ブランドのギフト券を発行会社等で購入する場合は、贈答品として包装やのしを付けるために、利用目的が分かるのであまり問題にはなりません。

 

高額商品を購入してもクレジットカードが利用停止にならない方法があるのならば、現金化業者もその方法を利用してしまえば問題ありませんよね?

 

そちらの方法を利用したのがクレジットカード現金化業界でも優良と言われている、業者なのです。

 

当サイトでは優良と言われている現金化業者をご紹介させて頂いていますのでこちらを参考に現金化業者の詳細をご覧ください。

 

優良現金化業者一覧